健康コラム特別編 冷え症の改善特集

冷え症の食べ物、飲み物

ホットドリンクを飲んでも種類や体質で効果はことなります。冷えをやわらげる食事や、飲み物を選ぶポイントは?

  • 冷え症と食べ物

    食べ物がカラダを冷やす。
    いつも食べている食事。その食事がカラダを冷やしていることもあります。選ぶ食材によりカラダを冷やしたり体温が上げたりします。もしかしたら、あなたの食事は、カラダを冷やしているかもしれません。
    例えば、トマトやキュウリはカラダを冷やすものとしては有名です。なす、大根、セロリ、白菜、タケノコなどは野菜類の中でもカラダを冷やす食材です。夏にはおいしい枝豆も冷える食材。海苔や昆布などの海草類。スイカ、梨、イチゴなどの果物類。かにやアワビなどはごちそうではありますが、やはりカラダを冷やします。これらは、大量に食べ続けないように気をつけましょう。
    温めてくれる食材とは?
    同じような食材の中でカラダを温めてくれるものがあります。野菜の中でもにんじん、ニラ、かぼちゃ、にんにくなどはカラダを温めてくれます。また、牛、鳥、羊の肉類は温めてくれる食材です。魚類ではイワシ、サンマ、さけなどです。そして、さんしょう、こしょう、わさびの調味料は温めてくれるので、味付け時に頭に入れておくと寒いときなどに重宝します。
    他にもたくさんの冷やす食材と温めてくれる食材があります。これらを栄養バランスよく食べ、カラダが冷えないように気をつけましょう。

    毎日の飲み物も意識を

    そのペットボトルのお茶は冷たいですか?
    コンビニや自動販売機で売られているペットボトル。そのほとんどのお茶は冷やされています。特に暑い季節には冷たいものに走りがち。しかし、その冷たいものがカラダを冷やしているのです。
    のどが渇いたら、温かめの飲み物を飲んだ方がよいでしょう。それほど熱い必要はありません。冷たくなければよいのです。
    しかし、お茶は毎日飲んでいる人が多いでしょう。そんなお茶を見直してみませんか?
    気軽にお茶で冷え症を解消。
    普段飲んでいるお茶。これで冷え症をお茶で解消できるとしたら、気軽に取り入れることができるでしょう。ただ、お茶だったら何でもよいのかと言えばそうではありません。冷え症を少々でも解消できるようなモノを探してみてはいかがでしょう。
    では、どのようなお茶がよいのでしょうか?「よもぎ茶」「クコ茶」「かりん茶」などが冷え症に効果的だと言われています。また、冷え症の人は鉄製のやかんでお湯をわかすとよいです。冷え症によいとされている鉄分をとることができます。
    他にもよいと考えられているお茶があるので、自分にあったお茶と入れ方、飲み方をしましょう。

商品一覧 健康コラム一覧 特集トップへ