健康コラム特別編 冷え症の改善特集

冷え症と妊娠

妊娠を望む女性に知ってほしい、冷えと不妊症の関係性。効果的にあたためる女性のためのケア方法は?

  • 冷え症は妊娠に影響する?

    妊娠するにはカラダづくりから。
    妊娠するには、ある一定の条件が必要です。生理的に不調であったり、ストレスを受けていたり、カラダ全体の体調バランスを失っていると、子どもに恵まれる確率は低くなります。
    中でも生理的な不調は、冷えからきていると言われています。露出の高い服を着る、素足で靴をはく等は冷えの原因ですから、できるだけ控えましょう。これらは、妊娠する可能性を低くしている原因であることがあります。
    妊娠に大事な部分は冷やさない。
    冷えの中でも下半身の冷えは要注意です。下半身が冷えると腹痛、腰痛などの症状が出ます。これらは温めることにより解消することが多いものです。
    女性の場合、下半身の冷えは卵巣や子宮の不調につながります。卵巣・子宮とも妊娠にとっては欠かせない場所。この部分が冷えると妊娠率が低下する可能性があります。下半身が冷えると、生理痛、生理周期の乱れ、基礎体温の高温期と低温期が不安定になるなどの影響が出てきます。
    また、冷えが原因で妊娠中の腹痛や腰痛に悩まされることにもなるので、妊娠する前はもちろん妊娠中は注意が必要です。下半身の冷えには十分、気をつけましょう。

    冷え症と不妊症

    昔から冷えが不妊症の原因?
    不妊症で原因がわかるのは少数です。ほとんどの場合、これだけ医療が進んでいても今の現代においては、原因は不明です。
    遠く昔から、東洋医学では、不妊の原因は冷えからきていると言われていました。それは時代や環境の変化があったとしても、今も変わりません。
    冷えはカラダ全体の体調を悪くすることはもちろんですが、卵巣や子宮などの妊娠に関わる機能に悪い影響を及ぼす可能性を秘めているのです。
    冷えは血流の循環を悪くする。
    では、なぜ冷えが不妊の原因、卵巣や子宮に悪い影響を及ぼすのでしょうか。最近では「生理不順、子宮内膜症などの症状が不妊の原因ではないか?」と考えられてきています。興味深いことにこうした症状を持つ方の多くに冷え症が見られます。
    冷えは血流の循環を妨げています。卵巣に入る血流が少ないと、卵巣やホルモンの刺激に対応することができません。もし妊娠することができ、無事に出産することができたとしても、子宮が萎縮し流産や早産につながるケースが報告されています。
    不妊の場合、まずは冷え症を改善してから婦人科の治療を受けるようにしましょう。

商品一覧 健康コラム一覧 特集トップへ