健康コラム

健康コラム

2009年10月号

秋冬の乾燥肌。本気の対策にはコツがある!
秋から冬の保湿ケアを大切にしていても、毎年乾燥肌に悩まされているという方も多いと思います。乾燥が深刻になる前に徹底ケアでコンディションを整えて、寒い季節に備えましょう。
秋冬の乾燥肌の原因
秋冬にお肌が乾燥する最大の原因は「湿度の低下」です。
ストーブやエアコンを使うようになるとお肌の乾燥はますます進みますし、夏のダメージの蓄積が表出してくるのもこの時期。
ベタ付きを気にして夏肌の保湿を怠っていた見返りは、乾燥肌として返ってきてしまいます。
保湿コスメはどう選ぶ?乾燥肌を克服するコツ
秋冬のスキンケアの主役は言うまでもなく保湿。乳液やクリームをグレードアップしたくなりますが、本当に乾燥肌を克服したいならまずはローションパックなどで「保水」をしましょう。コスメの成分は「セラミド」が入っているものがおすすめです。水分を抱え込み、お肌のバリアとしての役割も担うので、敏感肌対策にもなります。
食事からも保湿成分を補おう
体内に保湿成分を補うことも大切です。特にコラーゲンやヒアルロン酸は、外からのアプローチが難しいと言われているので、鶏の軟骨や豚足、フカヒレ、ネバネバ系の食べ物を意識して。こんにゃく、黒ゴマ、ひじき、大豆、ほうれん草なども◎。
「脂質」は美容の敵のように語られることもありますが、乾燥や刺激からお肌を守るために必要なので、良質のオイルや青魚、ごまなども食べるようにしたいですね。

商品一覧 健康コラム一覧