健康コラム

健康コラム

2009年10月号

つらい生理痛とさようなら!今日からできる生理痛対策
女性を悩ませる生理痛。「毎月のことだから…」と諦めてはいませんか?体質的に軽い・重いはあるかもしれませんが、生理痛を緩和させるための手立てはあります。さあ、生理痛対策を始めましょう。
生理痛はなぜ起こる?
生理痛を引き起こす要因の中で、ポピュラーなものが「ホルモンバランスの乱れ、分泌量の減少」「冷え、血行不良」「ストレス」です。
冷えやストレスは体の働きを鈍らせるほか、ホルモンバランスの乱れにも繋がり、“痛み物質”を過剰分泌する恐れも。
これこそが生理痛の正体なのです。
生理痛緩和、温めるならココ!
<仙骨>
ヒップ上部にある尾骨の少し上、腰の部分にある逆三角形の骨部分。カイロをあてたり、腹巻やニットのインナーなどを着用して、仙骨周辺を冷やさないようにしましょう。
<お腹・足のツボ>
下腹には体のバランスを整えて生理痛を和らげるツボがたくさんあります。正確に探すのは大変なので、カイロを下腹全体にあてて温めましょう。
また、内くるぶし周辺や膝、太ももなどにも、血流や生理痛改善に効果が期待できるツボがあります。
食事を工夫して生理痛撃退!
体を温める生姜やネギ類、血行促進に役立つビタミンEが豊富なうなぎやナッツ類、マグネシウムやビタミンB6などは積極的に摂りたい栄養です。
生姜やネギを薬味にして温かい出汁をかけて食べるひつまぶしや、ナッツを入れた野菜たっぷりサラダなどもいいでしょう。
豆腐や納豆などの大豆製品もオススメですし、鉄分や亜鉛などのミネラル補給も忘れずに。
内側から温めることも意識して、なるべく冷たい状態の食品は避けましょう。

商品一覧 健康コラム一覧