健康コラム

健康コラム

2009年10月号

女性も必見!夏から秋は「抜け毛注意報」
今年の9月は全国的に気温が高くなり、残暑が厳しいとも言われています。そんな中、気にしなくていけないのは肌ダメージや夏バテだけではありません。
紫外線・汗・皮脂などで、頭皮も強い刺激を受けています。「頭皮がベタつく」「以前より髪にハリ・コシがなくなった」と感じる方、その悪影響は秋口に現れるかも…。
女性も悩ませる抜け毛・薄毛
抜け毛・薄毛は、今や男性だけの悩みではありません。最近では若い女性でも悩みを抱えている人が増え、女性用の育毛剤やクリニックなども多くなってきています。遺伝などの原因も否めませんが、女性の社会進出によってのストレスや過労、不規則な生活・食事など、女性を取り巻く環境の変化が頭皮にダメージを与えている一因となっています。
自律神経やホルモンのバランスが崩れ、頭皮の新陳代謝が低下・ヘアサイクルの乱れとして抜け毛・薄毛につながる場合もあります。
オシャレ心がもたらす頭皮トラブル!
「常にキレイでいたい」という女性の思いも、抜け毛・薄毛につながっています。スリムな体型を目指して極端な食事制限でダイエットした場合、髪の原料となるたんぱく質を中心とした栄養素を摂取できず、身体も髪も栄養不足に。規則正しい生活と栄養バランスのとれた食事は、何事においても基本です。さらに、ヘアカラーやパーマなども、少なからず頭皮にダメージを与え、薄毛や抜け毛の原因になります。
頭皮にトラブルを感じているときは、なるべくカラーやパーマを控えたり、間隔をあけて施術するのがベターです。
秋は抜け毛の本数が増える!?
これから訪れる秋は、最も髪が抜けるシーズンといわれています。通常は1日に50~70本の髪が抜けていくものですが、秋だけは1日に200 300 本くらい抜けることもあるそう。これは、秋という季節が悪いわけではなく、夏にダイエットをした、遊びに行く前にカラーリングをした、紫外線を浴びた、汗をかいた…などという蓄積が影響しているもので、そのため、秋に抜け毛が多いと考えられています。
暦上では秋ですが、まだまだ暑いこの時期。自宅で毎日できるケアとしては、まず若干熱めのお湯で頭皮の皮脂を落とし、シャンプーやトリートメントが残らないように十分にすすぎ流すこと。髪というよりも地肌を動かすようにもみ洗いをすることで、頭皮のコリやストレスを軽減。また、洗い流さないタイプのトリートメントやヘアワックスなどの整髪料を使っている方も多いと思いますが、頭皮につけると毛穴の詰まりの原因になるので要注意です。
冷え性と頭皮の関係性
低体温や冷えも抜け毛と密接な関係があるのではないかと言われています。夏なら冷房、冬なら気温や新陳代謝の低下による冷えが原因で血行が悪化、毛細血管が収縮・血流が阻害され、頭部へ送られる血液も少なくなり、髪の毛の生成のために必要な栄養素が不足。ツヤ・コシのないやせた髪になり、やがて抜け毛・薄毛につながるという可能性も。
抜け毛・薄毛にはいろいろな原因が考えられますが、身体を温める、ストレスを軽減するなど、頭皮・身体・心を健康な状態に保つことが、対策の第一歩です。

商品一覧 健康コラム一覧