品質(ビタミンB12)

品質(ビタミンB12)

「赤いビタミン」と呼ばれるビタミンB12。葉酸とセットになり働く基礎成分に、私たちは着目をしました。

ビタミンB12は動物性食品に含まれ、亜鉛・鉄と合わせ妊娠中の女性に欠かせない栄養素のひとつです。お腹の中の赤ちゃんの健やかな発育には勿論、またダイエットや菜食主義で日頃ビタミンB12が不足しがちな方々へ。
安全性と品質、そして含有量を考え抜いた結果、5つの特徴を持つ商品に仕上がりました。

5つの特徴

分析履歴

  • 1. フランス製薬会社の素材

    安心・安全は弊社の基本スタンスです。
    素材はビタミン研究の先駆けであるフランスの製薬会社よりアグロバクテリウムに属する菌及び、遺伝子組替えではない糖蜜を起源とした、シアノコバラミン(ビタミンB12)を使用しております。

  • 2. 対症摂取量に基づき500μgを含有

    1日の目安摂取量として500μgを含有します。
    ビタミンB12の対症摂取量は100~1,000μgとされています。またビタミンB12は水溶性となり、厚生労働省の定める「許容上限摂取量」は設定されておりません。

    [健康増進や病気の治療を助けるのに必要と考えられる摂取量]

  • 3. 一日一粒のみでOK

    1日に1粒の摂取です。飲みやすさを考え、1日1粒で必要量を摂取いただけます。
    また、錠剤にこだわることで摂取・携帯性を保っております。

  • 4. 国内の工場で最終加工

    打錠化を含め、最終の加工工程は国内工場で実施しております。
    責任を持ってお届けする為、国内工場の安心さを重視しております。

  • 5. 基礎成分の分析

    基礎栄養成分の分析は食品分析センターへ依頼しております。
    ビタミンB12の含有量に関しましても基礎成分とは別に分析を行い、含有量を確認しております。

他商品(マカ | 葉酸 | 亜鉛 | ビタミンB12

商品一覧