価格

価格

過剰さを省き、シンプルにまとめる。現代人のライフスタイルに合わせたサービスに絞り、低価格を実現しました。

価格を抑えれば通常、品質も下がります。ただ、私たちはマカの品質を落とす気は全くありませんでした。代わりにインターネット技術を当初から取り入れ、サービス面の工夫を重ねました。同時にファブレス化・システム化を進めることで運営のスリム化を実現しております。
これら1つ1つを積み重ねた結果、ホットストアのマカは価格を抑えつつ、高い品質を維持した商品に仕上がっております

低価格、5つの理由

  • 1. 収益を最終目的としない姿勢

    企業の目的は利益を創出することです。私共にとってもそれは大切なことですが、1番ではありません。
    1番大切なことは社会への責任を担い、それを果たすことです。高品質な商品を廉価に届けることは社会性に適います。つまり、高品質と低価格の追求は私共の経営方針と合致するのです。
    経営方針なくして高品質・低価格の維持はあり得ません。

  • 2. 小さな組織

    私共は小さな組織であることを美徳としております。通常、組織は大きい方が規模の経済が働くものですが、私共のようなファブレス・メーカーの場合は逆で、小さい方が効率的な運営は可能となります。
    規模が小さな組織は多額の売上を出さなくても運営はできますから、最終的に価格へ転嫁できます。これは組織が新しく、過去のしがらみがないからできるのですが、低価格化には大切な要素です。

  • 3. サービスの制限

    私共は要望の低いサービスは省き、現代人のライフスタイルへ合わせることでコスト削減を実現しております。
    注文は主にインターネットの受付とさせていただいております。納品書等もPDFダウンロード形式とさせていただいております。
    又、店舗販売は行わず、通信販売主体です。こうしたサービス制限は小さな組織での運営を可能とし、高品質な商品を低価格で提供できるベースとなっているのです。

  • 4. 合理化の推進

    小さな組織であるため、専門外の分野は信頼できるパートナーとの共同作業により行っております。アウトソーシング化の推進です。又、私共はインターネット世代ということもあり、システム化を徹底して推し進めることにより、単純作業のほとんどを人手を介さない状態にしております。
    こうした地道な作業を積み重ねることで、重要度の高い取り組みに力を注ぐことができるようになっております。

  • 5. 全ての人に提供しない

    一般的な通信販売会社では売上の20%程が広告に費やされます。商品を知っていただくために広告宣伝は大切ですが、その費用を削減することで商品価格を下げることができるのもまた事実です。
    私共はインターネットを活用し、それを洗練させることで余分な広告費を削減できる技術を開発しております。当面、20%を15%に抑えることで低価格を維持していけると考えております。

商品一覧